24-7~脚本家になるまでのストーリー~

とにかくポジティブなシナリオコンクーラー(31♀)の呟き。
毎年テレ朝、ヤンシナは大勝負!TBS、S1などにも挑戦!
夢は...もちろんシナリオライター!!目指しています(*´ω`*)
シナリオコンクールに2014年から多々応募中!
ドラマや映画を分析する日々。
脚本家...本当になりたいなれるのなれるかどうかやるだけだ!笑

S1初稿完成

こんにちは♡



何とか今日中にS1の初稿が完成しました!



といっても、枚数を埋めたという表現の方が、
正しいのかも・・・( ´∀` )



ちゃんと推敲しないと、
支離滅裂になっている可能性もあるので、
要チェックやで!←



今回、私のシナリオ、関西人出てきますね笑



あ、でも関西弁は出てこないです。
何か方言って難しい。



自分の方言(茨城)でも、
シナリオでは使わないです。



なんか方言って、
使い方を間違うと、
ちょっとわざとらしくなっちゃうんだよね。



レベル高いです。
方言使用のシナリオ。



その点、やっぱり朝ドラはすごいと思う(尊敬)



今回のシナリオは、
ちょうど「僕たちがやりました」を見ていたこともあり、
若干、インスピレーションいただきました。



というか自然とそういうのがインプットされちゃって、
真似しているつもりじゃないのに、
気が付いたら似てるってことがあって。



なので、できるだけ似せないように努めました笑



しかも「僕たちがやりました」は、
最初胸クソ悪いドラマだななんて思ってたのに←
結局、何だか展開が気になって見ちゃっていて。



雰囲気はそういう感じかもしれませんが、
全く違う内容になったと思います。



今後、推敲でますます似ないように笑
十分、注意したいと思っています(*´ω`*)



甘いものと同じように、
シナリオ執筆にも中毒性がある。



一度執筆を開始すると、
そのことで頭がいっぱいになる。



一度ワードを開いたら、
執筆する手が止まらなくなる。



結果がどうこうじゃなくて、
執筆するのが楽しい。



そんな気持ちになったのは、
シナセンで課題を全部こなせたからだと思う。



20枚シナリオを50本書いて、
シナリオを書くのが習慣になって、
S1は絶対に出そうって決めたあの日から。



脚本家への道のりは、
正直、全然見えていません。



なれるかどうか、分からない。
叶わないことも、もちろんある。



でも、だからこそ、
コンクールで腕試しをしたいって、
その1回1回に勝負をかける。



勝負師でずっといたいって思う、
31の夏です笑



他にも楽しいことってあるじゃん?
って思うけど、シナリオを書くのって楽しいし、
やめられないから続けているだけです(だいぶかっこつけたな)



βyё βyё...φ(。・ω・。 )ノシ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。